森のようちえん ちいろば日記

Waldkindergarten Chiiroba in Nagano , Saku, おいでなんし、「ちいろば」へ^^ H28.10月より、長野県信州型自然保育、信州やま保育認定制度の「特化型」園として、認定を受けました。 新設ホームページはこちら→http://chiirobayachiho.wixsite.com/home 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいろばの秋始まり始まり^^! 

信州東信は、一気に冷え込んでまいりました!
この間、森の幼稚園舎近辺に夜、車で行くと、
なんと2℃!!!
この時期にして、驚愕の温度の低さに、
秋を通り越して、冬を感じてしまいます。

ちいろばっ子達の秋の楽しみは沢山あります!
なかでも一番人気は、「アケビ」^^
毎年毎年この時期は、子どもも大人も、
この美味しさに舌鼓を打ちます!

何としても取ったるぞ~~~~!と意気揚々で
出かけて行って、
みんな虫目になって、道端の木や森の木々を
観ながらお散歩です。

あけび、手に届くところにあればいいけど、
中々簡単には取らせてくれない。
「大人が肩車してくれればいいんだよ!!」
といって。。。

IMG_330122.jpg

竹竿もって、遥か高みにあるアケビを狙う!!

この日の収穫は、20個以上!!
大人も子どもも、皆で分け合って
平らげましたよ^^ 甘くておいしい!!

IMG_330999.jpg

今年気が付いたのだけれど、
このあたり、アケビには2種類あるようで、
色も味も結構違う。
毎年の関わりから、そんな発見があったり、
感動があったりが自然の醍醐味です。
大人も素直に感動でき、
子どもと同じ目線と心で場を共感できるのが
森のようちえんの醍醐味です^^

アケビ探しついでに。。。。

99.jpg

みんなで、オニグルミの大収穫^^
自然の幸は、自然な味。
こんな体験を、毎日毎日繰り返せるのも
森のようちえんの醍醐味。
「クルミ餅でも作ろうよ!」
と年長の女の子^^

IMG_331555.jpg

スタッフは妊婦、何とまき割りに挑戦^^
おっと、ここは吉村医院ではありません。
ちいろば冬ごもりに向けての、大事な作業。
こんな大人の姿を、間近に見る子ども達の目の先には、
何が映ってくるのでしょうか??

77.jpg

この時期になって、年少の男の子の積極的自主的な姿。
感動です^^
基本的な生活習慣というやつでしょうかね?
自分からぞうきんを絞って、みんなのお弁当のために、
テーブルを拭く姿、大人が見習いたくなりますね。
毎日の生活の中で培われてきているものが
しっかりと発揮されるとき、
本当に子どもって輝いてみえますね。
それが誰に言われるわけでもなくであれば、
尚更。

と、こんな風にして、秋を過ごしているちいろばです。


ところで、私事ですが、
妻ひとっち、無事女の子を出産!!
将来のちいろばっ子ここに誕生です^^
園児たちも、わが子?いやわが妹?
かのように、すこぶる喜んでくれて、
何だか、その温かさに
胸がジーンとします。
本当に、家族のよう。
こんな関わりができるなんて、
幸せなことだなぁと、かみしめる園長わたにぃでした。

ちいろば
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。