森のようちえん ちいろば日記

Waldkindergarten Chiiroba in Nagano , Saku, おいでなんし、「ちいろば」へ^^ H28.10月より、長野県信州型自然保育、信州やま保育認定制度の「特化型」園として、認定を受けました。 新設ホームページはこちら→http://chiirobayachiho.wixsite.com/home 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいろば小学生自然体験初回! 

さて、今年もちいろばの小学生のための
森のようちえん「とぶきょうしつ」が開講致しました。

今年度は、会員登録20名を超え、
初回もとってもにぎやかな一日となりました。

遅ればせながら、ご報告です。

「とぶきょうしつ」のテーマも、
「子どもが自分で選んで、好き放題遊ぶ!」
ということにつきます。
時間をどう使おうが、その子が選んでいく。
言われてやらされる場ではなく、
自らを開放していくことが大事です。
ちいろばの保育も基本的には同じ考えでやっています。

自然は、子どもが子どもらしくいていいよ
と語りかけてくるような雰囲気を醸しています。
時に、大人も子どもにさせられる、
そんな不思議な魔法をもっています。

初回は、「森遊び」ということで、
大人が様々なセクションで作業しながら、
子どもたちは一緒にやりたければ一緒にやり、
遊びたきゃ遊ぶ、という一日でした。
セクションには、きのこ駒打ち、畑種まき、かまど作りがありました。

IMG_0825.jpg
これは、セクションに加わらない、
自由な森遊びの一場面。

IMG_0797.jpg
畑班。
去年からのちいろばで余った種が各種あり、
とりあえず、自分の好きな野菜の種を植えてみようということでした。
畝立てをして、とうもろこしや人参、トマト、きゅうりを植えてましたね。
さて、直播き、去年種で出てきたらいいね!
何事も実験 合言葉はチャレンジ!

IMG_0799.jpg
かまど作り班。
目分量、感覚で
コンクリートを練って作る。必死の子どもたち。

IMG_0807.jpg
こっちは、かまどの本体。
必死で穴を掘る。
こんな作業がとってもはまる。一番人気の活動でした。

IMG_0832.jpg
山菜豊富なちいろばの森。
これは、ふきの葉で何をしようかと考える方々の図。

IMG_0813.jpg
お弁当は、気の合う仲間と好きな場所で。
これは海賊船でご飯を食べる、海賊クルーたち。

とっても自由な感覚で、
のびのびな子どもたちの姿がとっても輝いていました。
ひとりの女の子が、
「ここは学校より夢みたい!」
と発言。
そんな風に思ってくれただけで、本望ですよほんと。

普段とは少し違った、豊かな体験。
練習でもなく、誰に言われるでもなく、
好きに遊んでいいよ、という時間。
それが、きっと子どもたちにとっては、
とっても癒される時間だし、
自分になれる時間なんじゃないかな。
そんな時間があってもいいじゃないか!
と心底思う、わたにぃです。

次回は、田植えと森遊び続き!お楽しみに★

ちいろば
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。