森のようちえん ちいろば日記

Waldkindergarten Chiiroba in Nagano , Saku, おいでなんし、「ちいろば」へ^^ H28.10月より、長野県信州型自然保育、信州やま保育認定制度の「特化型」園として、認定を受けました。 新設ホームページはこちら→http://chiirobayachiho.wixsite.com/home 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月19日 親子ネイチャーゲームin南相木! 

一挙更新!
ということで、ようやっとの更新です。
夏も色んな事がありました。
園舎工事・掃除も、細々とした作業に。
一通り、目途が立ったところで、
9月を迎えました。

9月といえば、

9月 1日 森のようちえん半日体験入園
9月14日~17日 自然体験指導者養成講座 研修会参加
9月23日  めでたく開園、入園式
9月30日  内田幸一先生 講演会&ワークショップin八千穂高原

です。
30日の講演会&ワークショップ、
まだまだ募集中です!

佐久穂、佐久市内、遠方からは軽井沢からの
お問い合わせもありました。
ありがとうございます。

さて、まずは、
8月19日に南相木へ出張して
「ちいろば 親子ネイチャーゲーム体験」
が行われました。
その様子のレポートです!

南相木に住むお母様方からお声がかかり、
行って参りました、初出張!
本当に光栄なことです。
さて、いよいよ開始です!


ネイチャー1
ますは寝っ転がって、
自然を感じてみる。

ネイチャー2
親子で虫めがね博士!!
じっと集中する様、

ネイチャー22
子どもも大人も変わらないですね^^
自然の不思議さを発見する旅。
自然の前に、みんな心は同じ。

ネイチャー44
子どもがお母さんをエスコート!
「お母さんに会わせたい木があるんだ!!」
坂道を目隠しして上る母。
ちょっと怖そう^;
でもわが子を信頼して^^

ネイチャー3
シラカバちゃんの感触は・・・???
じっくりと木に触れてみる。
手の感触だけで、木を感じる。

ネイチャー5
子どもたちは、思うままに自然の中を駆け回る!
制御不能!?
いやいや、とめる必要なんてない。
子どもたちが自然の中でいっぱい
心を開いているんだから。
積極的無尽蔵^^ ほほえましいですね^^

参加者、4家族。
半日、十分に自然の中で
リフレッシュ!
小さな子が多く、ゲーム参加は
ほとんど親御さんになってしまったけれど、
それも良いことです。
「自然と親しむ」ということが
目的の1日でしたからね^^

課題はあるにせよ、
どうやって子どもをゲームにいざなうか、
よりも、
子どもたちが自然の中で
ストレスなく遊ぶ様を観れたことは
本当に大きな収穫でした。
自然と子どもたちをもっともっと
深く繋ぐために、
何ができるのか、
これから実践を通して考えていきたいです。

ここで、イベント主催者のNさんの素晴らしいコメントを
紹介します。

~Nさん~
内保さんご夫妻のような教育者がきてくださったことを
本当に嬉しく思います。
我が家の子供の事をお話しますと上が小3の女の子です。
小学校では常に未来をみさせてそれに向かって突進する、
というような 教育がどこでも行われています。
まんま通信で内保さんがおっしゃっていたように
人は自然から学ぶ事を忘れてはなりませんよね。
自然から切り離された孤独感を埋める為に
いろんな余計な物を体や精神に詰め込もうとしている
のが現代人なのだなあ、
と感じるのです。

子供たちは 「今」を感じることができているのだろうか…
と良く考えます。
昔の子供はみんな感じてたに違いない、と私は思うんですが、
例えば小雨の中を上を見上げながら
歩いているうちに 雨なのか自分なのか自然と自分が一体化
しちゃって訳わかんなくなるあの感じ(笑)
過去も未来もなくあるのは「今」だけ。
自然の中に入って目の前の生き物観察に専心すると
自分の中の過去や未来が吹っ飛びます。
上手くいえませんが 子供の意識の中で
言葉にならない「愛」が育まれる瞬間だと思うのです。
自然からの愛 自然への愛。子供に伝えるべきは
まさにその愛であって
「何を(勉強をスポーツを)どの位できるか」
などということではない、
と思うしそれをがむしゃらに追いかければ追いかけるほど
愛からは遠く隔たってしまうように思うのです。
私の感じている事は内保さんの仰ることと
共通していると勝手に思っていますが
どうでしょう?

そういうわけで 内保さんご夫妻が強い信念を持って
森のようちえんを開いてくださること、
とてもとてもありがたく喜びでいっぱいなのです。
そして自分の心と最も矛盾のない世界で保育をやりたい、
という志が本当に素晴らしい、と感動しています。


嬉しいですね。
この一つ一つの言葉、期待を
しっかりと受け止めて、
「世界を守る子育て・共育ち」目指して、がんばります!

園長 わたる
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。