FC2ブログ

森のようちえん ちいろば日記

Waldkindergarten Chiiroba in Nagano , Saku, おいでなんし、「ちいろば」へ^^ H28.10月より、長野県信州型自然保育、信州やま保育認定制度の「特化型」園として、認定を受けました。 新設ホームページはこちら→http://chiirobayachiho.wixsite.com/home 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育開始! 内田先生に学ぶ 

こんにちは。
さむぅなりましたね。
この時期で、早くも冬が心配になる位、
夜が冷えてきました、ここ佐久。

その寒さも吹き飛ばす形で、
9月23日、
「森のようちえん ちいろば」の産声が上がってから
二週間が過ぎました。

jjjjj.jpg
(湧水の前にて)

子どもたちの中には色々なことが巻き起こっています。
一日一日をブログに・・・・・と思っていたのですが、
いや~、責任ある立場の疲れって、
半端ないですね、と泣きごと^^;
とにかく家に帰ってばたんキューの日々でした。
この二週間、感動も驚きも戸惑いも反省も、
特に反省しきりですが・・・
まあとにかく、色んな想いが渦巻いて、
頭がボバンしそうですが、
何より、子どもたちが生活を笑顔で楽しんでくれていること、
がんばってがんばって成長を見せてくれることに、
僕らも生きがいとやる気と元気、まとめて
ずくをもらっています。ありがとう。
写真をたんまり撮って、整理しきれない今日この頃。
子どもたちの様子、もう少しお待ちください。


さてさて、
9月30日は、飯綱高原で森のようちえんの実践を
30年も積み重ねてきた、
内田幸一先生の講演会を、
「ちいろば」主催で行いました。
台風が危惧されたため、ワークショップは
次回(未定)へ延期です。
今日は、講演会の様子を紹介したいと思います。

ucchann.jpg

1時間半にも及ぶ熱弁!
噺家のよう。。。
いつ聴いても、「あっ!」と思わされる。
「森のようちえん神話に踊らされないように。
  森のようちえんが万能だなんて、言う気は全くありません。」
「親がまずどうしたいのか、そこをしっかりと考えること。」
「自然界には、大人が言葉で伝えられない、教えられないことが
  いくらでもある。」
「大人はつい言ってしまう。子どものしてることを
  馬鹿にするような言葉を。でも子どもは常に真剣です。」
 etc....etc.......

mina.jpg

皆さん、とても真剣な表情で
内田先生の話に耳を傾けます。

kakawari.jpg

講演会後のひとこま。

kouryuu.jpg

講演会後の交流会にて。
さらに深めたい話題や、疑問点、
共感点など、
保護者の方や、興味のある方と
内田先生がお話ししました。


「ちいろば」が始まって一週間が過ぎたタイミングで、
内田先生のお話を聴けたことは
本当に初心に帰らせられます。
子どもたちへの絶対的な共感、
自然との関わりの大きなメリットについて、
大人として、保育者としてすべきこと、
しなければならないことの一つ一つ、
また「森のようちえん」全体としての今後の在り方、方向性、
一時間半では、到底話しきれない量を、
見事に凝縮させて語っていただきました。

何度聴いても学びのあるお話。
またお呼びする機会を必ず設けたいと思います。

参加して下さった皆様、
どうもありがとうございました。

園長 わたる
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。