森のようちえん ちいろば日記

Waldkindergarten Chiiroba in Nagano , Saku, おいでなんし、「ちいろば」へ^^ H28.10月より、長野県信州型自然保育、信州やま保育認定制度の「特化型」園として、認定を受けました。 新設ホームページはこちら→http://chiirobayachiho.wixsite.com/home 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理念 保育方針 教育目標 

理念及びコンセプト

■■■全体理念■■■
~「いつもここ」にあるみんなの心の故郷になる~
(スローガン):0歳から100歳までの子ども達と共に


 時代は目まぐるしく変化しています。特に、産業革命以降の世界の変化は、
私たちにも「変わる」ことを常に要求してきました。
「変わる」ということが、当然のように思われているこの世の中が、
人に残すものは一体なんでしょうか。
もちろん「変わる」ことは大事なことです。でも、「変わる」ことで、
その人やモノの本質が失われ、そこには不安と混乱ばかりが残るの
だとしたら、それはとても不幸なことです。
ですが、この世はその不幸を追い求めているのではないかと、
疑いたくなる日常がなんと身近にあることか。
 そんな日常の中でも、ここにはいつもの人がいて、
いつもの笑顔があって、いつもの自然があって、いつもの心地良さがある。
「いつもここにある」、という安心感とやすらぎこそ、
人の心を穏やかにする処方箋ではないでしょうか。
そんな「いつもここ」にある心の故郷を、
ここを訪れる0歳から100歳までの子ども達に残せたらどれほど幸せなことか、
私はそう思うのです。
人生に迷ったときに、躓いたときに、もしくは安らぎたいときに、
ここに戻ってこられる、そんな場を作りたいという願いから、この理念が生まれました。


■■■子ども理念■■■
~小さなときに愛したものは、大人になっても守りたくなる~ 

 全体理念を「子ども」に焦点を当てたときの理念です。
まさに、故郷を愛する想いは、小さな頃に育まれると感じています。
そして、故郷に関わるあらゆるもの、人、自然、想い出、
といったようなものも、例外ではないのです。
これからの未来を担っていくのは、疑いなくこれからの子ども達です。
我々大人には、そんな子ども達の成長と発達を見守り促す義(ただ)しい務めがあるのです。
私は、こんな未来を負わせてしまって子どもたちにすまないとすら思うことがあります。
それでも、子どもたちは 生まれ生きていくのです。
その中ででも生きていく秘訣は、一つでも多くのものを愛していくことではないでしょうか。
子どもたちに未来への希望を我々が託すのだとしたら、
何よりも「愛する気持ち」を育てたい。そして、あふれる愛で未来を生き、
自分がかけがえのないと思えるものを守り伝えてほしいと、願わずにはいられないのです。


保育方針と目標

■■■保育方針■■■
1.保育者、保護者、地域の方々との連携で、子どもたちの成長を促し見守ります。
  愛にあふれる場を作ります。
2, 自然との共生をモットーに、毎日、自然体験活動を主軸とした保育活動を行います。
森、山、川などの環境で遊びを通した活動を行い、人や自然との関わりを
楽しむ心や思いやりの心を、最大限の共感をもって育てます。
  さらに、エコロジーを知る機会を作ります(エコ保育)。
3.子どもたち一人ひとりの自主性を尊重します。
何事も自分で考え言動できるように待ち、援助しながら、見守ります。
4.何事も、知ることよりも直接体験を重視した保育活動を行います。
五感をフルに活用し、感受性を養います。


子どもは、自然、地域に生かされてこそ、安心して子どもである。
子ども、自然、そして地域のバランスの中で、保育は生まれる。


教育目標

■■■教育目標(保育者の志)■■■
人、自然、モノからなる豊かな地域資源を最大限に生かす。
そして、子どもたちが遊びを通して、人の生活に関わる基本的な 
技術や知恵、文化を識る直接体験の機会をつくる。
そこから、生きる喜び、愛する喜びを伝えたい
スポンサーサイト

Comment

Name - moe  

Title - 『森は生きている』

織座農園、と検索をして辿り着いたちいろばさんの日記。想いに深く共感しました。
私は今、筑波大学で看護を学んでいる者です。織座農園のお野菜をよく食べてきました。農園にも何度か。
看護の実習を通して、地域には居場所が必要なんだと気付き、いつか様々な人が集い、支えあい、学びあい、笑いあい、自然体で自由でいられる空間を創りたいと思うようになりました。自然やアートや音楽が人と人とを繋ぎ、癒す力をもっているんだと感じています。
子どもを地域で育てる環境を作っていきたいなぁと考えていました。
今、学校で"木育"について調べていることもあって、一度ちいろばさんを訪れてみたいと思いました。
織座農園も恋しくなりました。
ちいろばの皆さんと織座農園の皆さんとぜひお話したいです*
2012.11.16 Fri 01:38
Edit | Reply |  

Name - ちいろば  

Title - >moe様

コメント、心から感謝です。
織座をご存じとのこと、あのネットワークに
生かされている、「ちいろば」です。
単に、野菜がおいしいとか、
理想の保育だとか、そういったものではなくて、
人と人とのつながりが生み出す一つ一つが
本当に心地よく、本物の価値があるなぁと
感じる日々です。

人の集える場所づくり、そんなことを
幼稚園を中心にこれからやっていきたいと
願っています。織座もいれば、もっとたくさんの
仲間もいます。
ここでは、そんなことが本当にできるのではと、
大きな期待を抱かされます。

看護を学ばれているということで、
これもまた対人ありきの尊い世界ですね。
きっと、今の学びと、その想い、
結びつく日が来て、それを目の当たりにするのが
楽しみですね^^

木育。うちは、木育というより自然育という感じですが、
何か参考になればうれしいです。
ぜひ、一度ならず何度でもいらして下さい。
楽しみにしています。

園長
2012.11.17 Sat 18:20
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。