森のようちえん ちいろば日記

Waldkindergarten Chiiroba in Nagano , Saku, おいでなんし、「ちいろば」へ^^ H28.10月より、長野県信州型自然保育、信州やま保育認定制度の「特化型」園として、認定を受けました。 新設ホームページはこちら→http://chiirobayachiho.wixsite.com/home 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲報 突然の別れ 

nanana1.jpg

突然我が家に生まれ、
6月27日、突然この世を去りました。
子ヤギのナナちゃん。

キツネ?に襲われてからこれまでの3週間。
一生障害が残り、もう立てないだろうと思われていた中で、
自力で立ち上がったナナちゃん。
命の輝きを、僕らの目の前で
示してくれたナナちゃん。

立ちあがった後も、元気になったり、
不調になったりを繰り返し、
予断を許さぬ状況が続いておりました。
ミルクも自分で飲めないので、
親ヤギのちーちゃんの乳を1日5~6回位は
絞ってあげなければいけない。
ちーちゃんは、搾乳に慣れておらず、
ひとっちと毎日2人がかりでミルクを絞らねばならず、
さらに、ちーちゃんの草も集めるのだから、
家も中々空けられないし、
色々とやらなければならぬことを
後回しにしてきたのでした。
ちいろばイベントも毎週末重なり、
とにかく大変な3週間でしたが、
一番大変で苦しかったのは、
当のナナちゃんだったと思います。

食欲はあったものの
亡くなる週は、大分つらそうで、
毎日気が気ではありませんでした。
それでも、亡くなる前日の
夕方から、突然元気になり、
自ら立ち上がって草も良く食べ、
家の周りをとことこ歩く姿を見せてくれました。

翌日もいつものようにちいろばに連れて行き、
そこでもとっても元気にしていて、
子ども達も喜んで、ナナちゃんに草を摘んでは
食べさせてあげていました。

みんなで安心して、
2匹のヤギを園に残して
公園へ遊びにいきました。
ナナちゃんの草も摘んで、
2時間後帰ってくると、
もうそこには元気なナナちゃんの姿は無かったのです。
さっきまでは、あんなに元気だったのに、
突然、ナナちゃんは息をしなくなりました。
獣に襲われたわけではなく、
全く突然のことです。
頭の片隅に、どこか予期はしていたものの、
でもそれが目の前の事実として迫ってくると、
到底受け入れられない気持ちがこみ上げてきました。
本当に悲しく、辛いことでした。

死に顔は、生まれた後3週間に見せた
無邪気な表情ではなく、
必死にもがき、生きたぞ!
という顔つきに変わっていたのに気付きました。
僕らに、「命」を、
見せてくれたのです。
ナナちゃんには、本当に感謝しかありません。
あんなに小さな体で、よくがんばった。
ありがとう。

nanana2.jpg

昨日は、ちいろばのみんなで織座農園の裏山に
ナナちゃんを埋めてあげました。
お花や、大好きだった草を
一人ひとりがいっぱい積んで
穴を掘り、土をかけているのが上の写真です。

nanana3.jpg

十字架を立て、石と花を置き、
ろうそくに灯をともして、
みんなでお祈りをしました。
ナナちゃんが、天国で優しいみんなに囲まれて、
元気で飛び回っていますように、と。
子ども達は真剣でした。
「涙がポロリとでてきちゃうんだよ」
と言いながら、泣き出す子どももいて、
一人ひとり、ナナちゃんの死を心で受け止めていました。
幼き子ども達の心にも、
そうした生死に向き合う心の芽生えが垣間見ることができました。
素晴らしいことです。

去年からのちいろばっ子は、
子猫のジジとのお別れもあって、
その時のことを思い出したのではないかな
と思います。


これまでナナちゃんのことを心配し、想い、祈って下さった方々、
有難うございました。
本当に有難うございました。
きっと喜んでいます。

さあ、たまりにたまったことがたくさんあって、
悲しみながらもやらねばなりませんね。
生まれてからの元気な姿も、
この三週間の必死に生けるナナちゃんの姿も
忘れずに胸にしまっておきながら、
ナナちゃんの分も、精一杯生きていきたいと
強く思いました。

ちいろば
スポンサーサイト

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.01 Mon 12:03
Edit | Reply |  

Name - グリーンドラゴン  

Title - お別れに・・・

久しぶりに「ちいろば日記」を見て、驚きました。
まさか・・・!でした。
25日にナナちゃんに会って、その時は横になっていたけれど、それでも何日かしたら立ち上がって歩きだす姿しか考えていませんでした。
ナナちゃんは、みんなに、命の大切さやいなくなってしまうことの深い悲しさ、そんなことを教えてくれるために来てくれた、小さな天使だったのかもしれませんね。ありがとう。
寂しいけれど、残念だったけれど、みんなが見守ってくれたことにナナちゃんも「ありがとう」って思っているよ、きっと。
2013.07.03 Wed 23:42
Edit | Reply |  

Name - >グリーンドラゴン様  

Title - >グリーンドラゴン様

ななちゃんの命、輝いていました。死に目を見せない幼い命。すごいなと思いました。この命、無駄にはできません。本当に尊い輝きを見せてくれて感謝です。コメント、どうもありがとうございました。 ちいろば
2013.08.03 Sat 19:48
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。